2019-08-22

島根・鳥取の旅

 夏休みも残りわずかとなりましたが、変わらぬ暑さに日々体力を奪われてしまいます。
なぜエアコンを開発した人にノーベル賞が与えられないのか、考えてしまいます。

 少し前になりますが、早めの夏休みを取り、家族で島根・鳥取の旅に出かけました。いつものように家族が行きたいところと、私が見たい建築をミックスさせて旅程を組みます。

 まずは島根県、出雲大社と松江城、宍道湖あたりが目的地。

古代出雲歴史博物館。設計は槇文彦さん。










ガラスにタイル、コールテン鋼といった異素材をバランスよく組み合わせています。










宍道湖に面して建つ、島根県立美術館。
設計は菊竹清則さん。

外部にたくさんのアート作品が展示されていて、湖からの風も気持ちよく、たくさんの人が訪れていました。










そして宿泊したホテルがこちら。鳥取に入ります。

美術館と同じく菊竹清則さんの設計。
50年以上前に建てられました。

ロビーは創業時の雰囲気を色濃く残しています。杉型枠のコンクリートとガラス、家具の雰囲気が抜群です。




実は島根、鳥取には意外と多くの有名建築があります。

国宝の松江城や神在月で有名な出雲大社といった、古い建造物はもちろん、現代建築でも著名な建築家が手掛けたものが多くあります。

といいつつ、最後にご紹介するのは、日本で最も危険な国宝と呼ばれる『三徳山投入堂』。

その理由は、山の上に投入堂というお堂があり、そこにたどり着くには片道1時間半ほどかけて、崖や急坂、場所によっては道なき道を登らなければいけません。

例えばこんなところ。

ここはまだ鎖という手掛かりがあるので、まだましな方。足元が悪い崖もあるので、子供と行くとヒヤヒヤします。

まあ、こちらも自分のことで精いっぱいなんですが。







途中の絶景ポイントです。
ここも縁側の下は数十メートルのがけ地。

わが娘ながらよく平気でいけるもんです。






で、最後にたどり着くのがこの投入堂。(お堂の中まではいけません)。ここから眺めます。


うちは娘もいたので、約2時間で到着。
なかなかの達成感で、テンションMAX。
とてもいい経験になりました。




本当に危険で、前日、当日に雨が降れば入山禁止。
当日も2か所で靴のチェックがあります。
基本的に登山靴が望ましいそうです。

我が家はみんなスニーカーでしたが、事前に聞いていたので足底の溝が深いものにしていました。なかには断られた人もいて、その人は草鞋(わらじ)を購入して許可されていました。


いろいろ大変な場所ではありますが、危険を覚悟でみなさんも行かれてみてはいかがでしょうか!


2019-08-21

モザイクタイル

こんにちは、村田です。

お盆が過ぎ、まとまった雨で少し暑さが落ち着いたように感じますね。


さて、注文住宅の良さは自分たちの暮らしにあった間取りにできることと、
好きな内装に仕上げることができることですよね。

ポイントで壁紙の色を変えたり、タイルを貼ったりするだけでも、
自分たちらしさを出せたりします。


今回はいろんな仕上げの中でもモザイクタイルをピックアップ。

モザイクタイルは洗面所やキッチンなど水回りに使われる方が多いです。

当社の施工例でも。


タイルが少しあるだけでも雰囲気が出ますよね。

タイルは個人でもサンプル請求もできるものもあります。


まだまだ家づくり始めたばっかという方でも、
家づくりのテンションをあげるためにも、
気になる素材のサンプル集めはおすすめですよ。

2019-08-20

引渡式 ~in阪南市

皆様こんにちは!設計部の田中斗史輝です!

お盆休みが明け、早くもトンボたちが山から下りてきており、もう秋が来るのかといったところですね。。。

さて、今回は久々に担当させていただいた物件の引渡式に参加してきました。

いろいろな壁を乗り越え、確認申請準備からはや一年。難関だらけだったこの物件に対する思いは今までで一番強くなったかもしれません。

2階リビングから海と関西空港を望むことのできる、好きなものをすべて詰め込んだような素敵なお家でした!

今日初めてお客様とお会いしましたが、笑顔が素敵で心優しい温かいご夫婦でした。

















こんなお家に住めるのがとてもうらやましいです。。。

(奥様は月の2/3を東京で過ごされるみたいですが。笑)